探偵の寒さ対策グッツ(ミズノ ブレスサーモ)

探偵は外でじっと身を潜めて立ち続けることが多いため、寒さ対策を万全にする必要があります。

様々なグッツが各種メーカーから出されていますが、私が色々と試した結果、ミズノのブレスサーモが暖かいことが判明しました。

ブレスサーモとは、特殊繊維が入っており水分を吸収することで発熱する機能があります。その他、匂い(汗やアンモニア)を防ぐ、通気性が良い、収縮性ストレッチ機能。

ブレスサーモは、ランクがあり、高額になればなるほど暖かい素材が使われております。ウールが入っている、シルクが入っているなど。

今回9月15日に発売された新タイプ、ベストのブレスサーモはバッテリー100グラムが入っており胸のスイッチで弱中強が決めることができ、色で強さをお知らせしてくれ、最長6時間30分背中や首が温まるとのことです。ベストの中に入っている電熱線でベスト自らが暖かくなる!!

楽天市場、ヤフーショッピングでは既に完売しています。私も欲しかったのですが…購入できませんでした。購入を迷っている間に売り切れてしまったようで、売り切れてしまうと購入しておけばよかったなぁ~と思います。

今はインナー上下を所有していますが、もしもブレスサーモベストを購入した際には着心地や暖かさをお伝えしたいと考えています。

調査していくとわかること

今日は浮気調査を行っていて気がついたことについてお話ししたいと思います。

前以てお伝えしておきますが、なんだ~そんな話しかと思われるかも知れない話しです。

対象者が職場より退社、その時よくある行動の1つに誰かに電話をする、メールをするなどの携帯をいじる行為がよくあります。

私は対象者の近くに行くと異性と親しげに話していたりするのが判明することもあります。この場合、夫や妻に電話をしているのなら何ら問題はありませんが、浮気相手と通話している場合もあります。

何を言いたいかというと、夫や妻の通話履歴を確認する依頼者さんがいらっしゃいますが、通話している時間にも目を向けることが大切です。退社時間後すぐに電話するのは浮気相手である可能性が極めて高いという点です。

心理上仕事のストレスからの解放やプライベートにモードチェンジを行う際に、知らず知らず心が安らげる相手に電話を無意識でかけてしまう行動を取っている人は多いのではないでしょうか?

その他に様々な状況はありますが、今回は退社後の対象者行動について着目したお話しでいた。

探偵ってどんなことをしてくれるの?

テレビで放送されるアニメ番組では、犯人を捕まえるストーリーがほとんどですが、犯罪にかかわる調査はまったくないと言っても過言ではありません。そもそも刑事事件などは警察が調べるものであり、民事に関しては探偵が調べるとなります。

人探し、不貞行為の証拠収集、盗聴器の発見、隣人トラブル、などさまざま項目はあります。被害届が受理される内容ではない、または何等かの証拠がないと被害届が受理されない場合は探偵に依頼することとなります。

まずは、ご自身で証拠収集を行いご自身では限界があると感じた場合は、探偵に相談するのがよいと思います。相談はどの探偵社も無料で行っています。アドバイスだけで探偵に依頼せず解決する場合もあります。ですから、相談の際に悩みをお電話にて詳しく聞いてくれる探偵社がよいことは言うまでもありません。

探偵は一生の内に、一度依頼するのかしないのかの仕事だけに慎重に選びましょう。

離婚をお考えの方へ

現代では、ご結婚された方の3組に1組が離婚をするという極めて高い確率が出ております。

離婚後に調査を行う方も非常に多い案件ですが、できることなら離婚する前に調査を行うことをお勧めいたします。離婚後に相手方に交渉しても無視されるケースが多いからです。

子供に会わしてもらえない。養育費が振り込まれない。など…問題がつきません。

離婚後に元夫や元妻と関わり合いたくないので、優位に離婚した方にとっては、元パートナーの存在は今となっては必要ないので無視するのが一番だと思われているのでしょう。

浮気調査を依頼した理由

以前、浮気調査を依頼した方の理由が、妻が数日前にAちゃんと〇月〇日に遊ぶことになったのでその日は出かけますと伝えられていましたが、以前より妻の浮気を疑っていたご主人は妻が出かける当日に「今日誰と会うんだっけ?」と質問をすると、今日はBちゃんと遊ぶとの返答が。

明らかにおかしい返答がきた!!

なぜこのような返答を奥さんはしてしまったのでしょうか!?そもそも数日前にご主人にAちゃんと遊ぶとの嘘をご主人に伝えていたことを忘れてしまっていたと考えます。嘘は具体的にある内容ではないことを伝えてしまうことで、ほころびが出てしまうことがシバシバ起こりうるものです。

例を上げるとすれば、1つの嘘をつくとその嘘を隠すために2つ3つと嘘を嘘で塗り固めようとします。その嘘に対して、さらに追及する質問を投げかけることで、話しのつじつまが合わなくなってきます。刑事の取り調べみたいなイメージです。

かつ丼を出せば自白する場面はお笑いコントなどでよく見られますが、そんな簡単にパートナーが自白するはずもなく、浮気調査を依頼される方が多くいらっしゃいます。

浮気調査を仙台で行うために、結果が早く出て尚且つ低料金で行うには、対象者(パートナー)のある程度動きを日記に付けて見ることで動きが予想できるようになります。疑っていることをパートナーに告げず、普段と行動が変わったときにすぐに浮気調査をすることで判明するのが早くなります。

離婚の話しを切り出してきたり、何も言わず別居するなどの場合は、浮気相手との関係は長い可能性が極めて高いといえます。問題は早めに解決することで、ご自身が描く目的が達成させられる可能性が高くなります。

浮気調査の敵

浮気調査だけでなく、さまざまな調査で行われる尾行。しかし、先日厳しい事態がありました!!

それは、ズバリ天候です。急に冷たい風が吹き、辺りは暗くなる。この状況が僅か5分という短時間で起こりました。その後、雷が聞こえ落雷が光り、車のフロントガラスの大粒の横殴りの雨が…ワイパーを高速始動させ走行。

対象車両との距離をつめないとまったく前が見えないため、距離をつめて尾行。突然の天候悪化が最近多い!!温暖化により日本も亜熱帯気候の地域になってしまったのでしょうか??

探偵はプロだからどんなことがあっても大丈夫と思われてる依頼者さんも多いため、できるだけリスクヘッジを行うために下見調査を入念に行ったり、対象者がこう動いたらこのように対応しようとイメージトレーニングはしていますが、そんなこちらの状況をあざ笑うかのごとき天候。

大雪、大雨、などは撮影するには不向きの天候です。

今回のゲリラ暴雨は30分くらい続き、その後撮影できるようになりましたが、長時間続いたら尾行や撮影はかなり厳しいものであったでしょう。

浮気メール

怪しいメールが妻や夫の携帯にあるとの内容が当社によく頂く内容の1つです。

そのメールを見つけた時に「何かに保存しましたかいたか」と尋ねると動揺していたために保存できなかった、相手方(パートナー、妻、夫)がお風呂に入ってる際に見たため時間がなかった、などの理由から保存できなかった方が非常に多いようです。

できるだけ保存しておいてください。いつごろから関係があったのかを立証しないといけない状況がくるかも知れないからです。仮に、「浮気しているでしょ?」と相手に詰め寄った際に、相手が自宅を出て行ったというケースがあるからです。そうなると出ていた後日に浮気の証拠を取ったとき、必ずといって主張してくることは「夫婦生活が破綻後に知り合った相手だから浮気ではない」と言ってきます。

別居前から浮気相手がいたことの証拠があるのとないのとでは大きな差がありますので、このことを頭に入れておいてください。

深刻な家庭内別居

老後の生活を1人で過ごすのは嫌だとお考えの方も多いのではないでしょうか?

旦那さんと奥さんの家庭内状況が悪化してしまうと深刻な家庭内別居におちいる場合があります。子供も父親を汚いものを見るかの眼差しを送ってくるなんてことも少なくありません。

原因は、旦那さんが家庭を顧みないために起るケースも多いようです。たび重なる浮気、給料がすくないのに飲みにばかり行く、休日は趣味のゴルフばかり、などさまざまなケースがあります。

やはり家族のことを再確認し、大切に思っていることを日ごろから伝える心がけが必要です。

退社後に自宅へ帰宅すると妻と子の荷物がなく別居にいたるケースもあります。家族がSOSのサインを出していたのに気がつかなかったのか、気がついていたが出て行くわけがないと思っていたのか。どちらにせよ日頃のコミニュケーションを怠っていた可能性が高いと思われます。

家庭内のトラブルは、他人に話すことは少なく、お1人でお悩みの方も多いと思います。仙台けやき探偵事務所では、あらゆる家庭内トラブルを解決してきた実績がございますのでご安心してご相談ください。

仮面夫婦

仮面夫婦という言葉を一度は皆さんも耳にしたことはあるかと思います。

仮面夫婦とは、戸籍上は夫婦であり、周囲から見ても仲がよい夫婦に見えるが、実際に自宅に帰ると夫婦仲が冷めきっている、または夫婦として助け合うという基本ができていない夫婦のことです。(仮面をかぶった夫婦)

仮面夫婦の中には、今は子供が小さいから10年後に離婚しようと約束をしている方々もいらっしゃいます。

芸能界では、おしどり夫婦といわれていた芸能人夫婦が、実は仮面夫婦を数十年続けていたことを離婚後に激白したケースも少なくありません。

双方の意見や価値観の食い違いがあり、子供のことも考え仮面夫婦に至る。夫婦にしかわからないことなので、問題は深いといえます。

仮面夫婦だからといって何を行ってもよいということではないので、今おかれている状況に悩みを抱えている方はお気軽にご相談ください。

インターネットでの中傷

6月になり、暖かい日差しが降り注ぐ中、インターネットでの中傷の事案が増えてきております。

顔や名前を知られることがないインターネットだけに、さまざまな書き込みがあります。書き込まれている全てが真実ではないのですが、観覧している人はあたかも真実かのようにとらえてしまうのが1番の問題です。いじめに発展してしまうケースも少なくありません。

探偵の調査でもそうですが、確実に判明していないことに関しては、報告書に記載することはありません。予想や先入観で真実ではないことを書くことはできないからです。

情報を入手するのが簡単なインターネットだけに信頼することができるかの判断は非常に困難といえますが、そもそも情報を入手するには費用や時間がかかるものです。「情報は足で稼ぐ」という言葉があるように、良い情報ほどインターネットに上がる可能性は少ないものです。良い情報(お金になるような)を無料でインターネットに記載することは、ライバルが増えることになり情報提供者のマイナスになります。

詐欺の被害件数もインターネット関係では非常に多いものです。儲け話には注意が必要です。