なぜお金を貸してしまうのか

お金のトラブルをかかえている人は多数いらっしゃいます。当社でも多数のご連絡をいただきます。

お金を貸した相手と連絡がつかなくなってしまった。高額になればなるほど、あのお金があったら今の生活が違ったものであったのではと考えてしまうものではないでしょうか!?

「なぜ貸してしまうのか」…それは、困った人を助けたいと思う気持ちがあるからです。どんな人でもそんな気持ちはあるのが人間です。

お金を貸すのは、恋人、会社の人、友人、家族、さまざまな関係性が考えられます。ある程度、信用した人物だけに返済されないと頭にきちゃいますよね。

もし、貸してと言われたら、お金の貸し借りは信頼関係が失われるから家訓で貸さないことになってる。お金がある人がいたら俺も借りたいくらいだよ。妻が全てお金の管理をしてて自由になるお金がないから貸せない。貸して上げたいが貸して上げれるお金がないことをやんわり伝え話を流しましょう。

友人が困っているから貸したい気持ちはわかりますが、友人はせっぱ詰まっていたら、今まで知っている友人とはまるで別人になってしまっています。ここがポイントです。友人は貴方のことを考えられる状況ではないので、とにかく今をしのぐためのお金を借りたいだけです。返済がなければ友人を恨んだりすることになりますよね。断るべきです。

どうしてもお金返して上げたいのなら、貸す前に返してもらえないと困るから、実家の住所や勤務先などの連絡記載してもらい、返済期日に返済がない場合はどうするか取り決めを行いましょう。それ以外では、返さなくていいからこれしかないと告げ、こちらが生活に困らない少額のお金を上げるなどする方法があります。

お金の悩みは長い期間続くので精神的ストレスも長く続きます。返済がなくてもスパッと諦めがつく金額以上を貸してはいけません。

3時間の行動でわかることとは

暖かい日差しが降り注いでいますが、まだ春には遠い冷たい風が吹いている仙台。

早く春がくるのを待っている人も多いのではないでしょうか?勿論、冬眠している動物や虫たちは尚更のことでしょう。

話が逸れてしまいましたが、本題に戻ります。

「3時間」この時間は非常に大切な時間と言えます。退社後の3時間、外出後の3時間、要するに外に出て3時間以内に浮気相手がいる場合は会う。外に出てすぐに電話する場合は、浮気相手と会うなどの行動に出ます。

1日丸々調査する、1週間丸々調査する…料金だけ高額になります。寝ている時間、仕事をしている時間、調査をしても意味がありません。外に出る可能性が濃厚な時間帯より調査することが低料金になる秘訣です。1日24時間調査する、1日24時間×7日調査する、お止めください。

カラブリをすることが料金が高額になるので、カラブリを減らせば低料金に。カラブリを減らしたいなら、短時間から行える探偵社選びをお勧めいたします。

退社後、すぐに帰宅した場合は…それでも1日分の調査料金!?24時間の料金!!3時間×7日=21時間どちらが良いのか言うまでもありませんよね。

仙台けやき探偵事務所 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

新年の挨拶が遅いのではと思う方も多いかも知れません。すみません遅くて。年末に入った「猫ちゃんを探す」ことに夢中になっていました。
無事捕獲できたことに安堵したため、久しぶりのブログアップとなりました!!

今年も悩み事がある方々の立場に立ち、初心の気持ち「人助け」を目的とし、取り組んでいきます。どうぞ宜しくお願いします。

休日前に人は動き出す

土日がお休みだという方も多いのではないでしょうか?

暖かくなってきたこともあり、外出する方も多いのでは…そんな外出するときは仕事がお休みである前日の金曜日!!または、土曜日なのです。大人になると翌日に仕事がある平日の場合は夜遅くまで遊ぶのに抵抗がありますよね。お酒の機会も増え、翌日の仕事を考えると深酒できませんが、明日は休みとなれば話しは別です。

土日のお休みである場合、金曜の夜は動き出す日です!!浮気調査も金曜日が多いです。

夫婦問題で大切な時間とは

夫婦には様々な関係があります。

例えば、仮面夫婦と言われるものや別居婚などがあります。仮面夫婦については皆さんもご存知かと思いますが簡単に説明すると、①子供が大きくなったら離婚をすることを前提に生活を送っている、②周囲からは仲が良さそうに見えるが自宅では会話がないセックスレスである、③全てにおいて別行動や家計も別で関心が一切なく助け合いもほとんどない、などです。別居婚については、①結婚当初から同居したことがない、②当初は同居していたが、途中から別居が始まった、などの別々の住所に住んでいることです。

なぜこのようなことが起きるのか!?それは、育ちも価値観も違う赤の他人が1つ屋根の下に長期間婚姻生活を送るという答えがないものに取り組むことからおこるのです。

結婚がゴールと思ってしまう。マンネリ化。距離感が近くなりすぎ、恥じらいや労いがなくなってします。異性があらわれる。釣った魚に餌をあげない。一人の時間がもてない。仕事が変わってしまう。子供ができ生活リズムが変わる。金銭問題。数えあげればきりがないほどの問題があります。結婚する前はあんなに素敵だったのに…とさえ思っている方も多いのでは!?

結婚する前は二人の時間を大切にし、結婚したら相手の時間を尊重することが大切です。一人の時間も作ってあげましょう。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

去年は自然災害多数あり、今も状況が改善されていない方もいらっしゃるかと思います。状況が1日でも早く改善されることを祈っております。

さて、本日より仕事始めという方も多いのでは…今年は良い年になることを祈り、皆さん一緒に前進していきましょう!!

探偵の寒さ対策グッツ(ミズノ ブレスサーモ)

探偵は外でじっと身を潜めて立ち続けることが多いため、寒さ対策を万全にする必要があります。

様々なグッツが各種メーカーから出されていますが、私が色々と試した結果、ミズノのブレスサーモが暖かいことが判明しました。

ブレスサーモとは、特殊繊維が入っており水分を吸収することで発熱する機能があります。その他、匂い(汗やアンモニア)を防ぐ、通気性が良い、収縮性ストレッチ機能。

ブレスサーモは、ランクがあり、高額になればなるほど暖かい素材が使われております。ウールが入っている、シルクが入っているなど。

今回9月15日に発売された新タイプ、ベストのブレスサーモはバッテリー100グラムが入っており胸のスイッチで弱中強が決めることができ、色で強さをお知らせしてくれ、最長6時間30分背中や首が温まるとのことです。ベストの中に入っている電熱線でベスト自らが暖かくなる!!

楽天市場、ヤフーショッピングでは既に完売しています。私も欲しかったのですが…購入できませんでした。購入を迷っている間に売り切れてしまったようで、売り切れてしまうと購入しておけばよかったなぁ~と思います。

今はインナー上下を所有していますが、もしもブレスサーモベストを購入した際には着心地や暖かさをお伝えしたいと考えています。

調査していくとわかること

今日は浮気調査を行っていて気がついたことについてお話ししたいと思います。

前以てお伝えしておきますが、なんだ~そんな話しかと思われるかも知れない話しです。

対象者が職場より退社、その時よくある行動の1つに誰かに電話をする、メールをするなどの携帯をいじる行為がよくあります。

私は対象者の近くに行くと異性と親しげに話していたりするのが判明することもあります。この場合、夫や妻に電話をしているのなら何ら問題はありませんが、浮気相手と通話している場合もあります。

何を言いたいかというと、夫や妻の通話履歴を確認する依頼者さんがいらっしゃいますが、通話している時間にも目を向けることが大切です。退社時間後すぐに電話するのは浮気相手である可能性が極めて高いという点です。

心理上仕事のストレスからの解放やプライベートにモードチェンジを行う際に、知らず知らず心が安らげる相手に電話を無意識でかけてしまう行動を取っている人は多いのではないでしょうか?

その他に様々な状況はありますが、今回は退社後の対象者行動について着目したお話しでいた。

探偵ってどんなことをしてくれるの?

テレビで放送されるアニメ番組では、犯人を捕まえるストーリーがほとんどですが、犯罪にかかわる調査はまったくないと言っても過言ではありません。そもそも刑事事件などは警察が調べるものであり、民事に関しては探偵が調べるとなります。

人探し、不貞行為の証拠収集、盗聴器の発見、隣人トラブル、などさまざま項目はあります。被害届が受理される内容ではない、または何等かの証拠がないと被害届が受理されない場合は探偵に依頼することとなります。

まずは、ご自身で証拠収集を行いご自身では限界があると感じた場合は、探偵に相談するのがよいと思います。相談はどの探偵社も無料で行っています。アドバイスだけで探偵に依頼せず解決する場合もあります。ですから、相談の際に悩みをお電話にて詳しく聞いてくれる探偵社がよいことは言うまでもありません。

探偵は一生の内に、一度依頼するのかしないのかの仕事だけに慎重に選びましょう。

離婚をお考えの方へ

現代では、ご結婚された方の3組に1組が離婚をするという極めて高い確率が出ております。

離婚後に調査を行う方も非常に多い案件ですが、できることなら離婚する前に調査を行うことをお勧めいたします。離婚後に相手方に交渉しても無視されるケースが多いからです。

子供に会わしてもらえない。養育費が振り込まれない。など…問題がつきません。

離婚後に元夫や元妻と関わり合いたくないので、優位に離婚した方にとっては、元パートナーの存在は今となっては必要ないので無視するのが一番だと思われているのでしょう。